今日集まったキャッシング仲間

俺も肺が片っぽ潰れちまってえ、まだ当分病院でえす。
 他の内蔵も破裂しちゃったのがあって、危なく死ぬとこでしたあ。」
なんなんだよお前は!一同はその内容の凄さにびっくり。
でもうっかり聞き流しそうになるほど軽くてあっけらかんとした口調。
滑稽とも悲惨ともつかない微妙な反応を引きずりつつ、
それでも仲間が生きていたので、ここは笑おう!とドッとウケることになった。

今日集まったキャッシング仲間のなかには、
半年くらい前に事故って足を骨折した奴もいたのだが、
ようやく膝が普通に曲がるようになった、と
地面に正座して見せて皆を安心させたばかりだった。
それなのに今度は内蔵を破裂させた奴が出てくるとは・・・。
もう長生きしそうにない奴らばっかだな、と苦笑してしまった。

「まあオレも事故ったことあるけどさ」
と誰ともなく皆が語りだす。とうとう自己紹介は事故紹介となってしまった(笑)
大した事故を経験していない自分は主に聞き役にまわったが、
本当に色々な話があって勉強になった。